普通、カードのひと月の限度額がご自身がいつも支払う以上に高めに決められていると私たちは余裕だと勘違いし、むやみにカードで支払ったりするようです。こうしたクレカ使用の危険を抑制するため上限を事前に少なめに申請しておこう・・・というのが、これから申し上げる記事のメインとなります。月の利用限度額をコントロールする方法△使っているカードの上限額を減らしておく方法は、月の限度額を多めに設定する手順と大差なく、非常に単純です。クレジットカードのサインのある面に載っているサポート番号にダイヤルして、「月の利用限度額の引き下げをしたいんですが・・・」というふうに電話に出た人に対して言うだけです。一般的には今現在の月ごとの限度額に対して下であれば、込み入った調査なしで簡単に変更が可能となります。カードの限度額を減らすのは危険を避けることにも繋がる▽上限引き下げは、自分をコントロールできるという益はもちろん自分を守ることとも関連が深いものです。もし仮に、手元のクレジットカードが盗られて偽造されるトラブルでもクレカの利用限度額を低く申請しておけばリスクをなるべく避けることが可能だからです。ここで言っておきたいのは仮に偽造された場合でもクレカの使用者に明らかな過失が確認できない限り、盗難保険というしくみが使用者をフォローしてくれるので心配はないわけですがもしものために月の限度額は減額しておくのも手です。使いもしない余裕はメリットのないことなんです。