今日は為替取引の本質的要因に携わるお話をします。為替相場とは何かというと「自分が金の送金をしなくても資金授受の意図を成し遂げるもの」を指します。一般的に為替市場というとあらかた国際為替のことを言うというケースが一般的です。国際の為替を簡潔にいうと二国間の金銭のやり取りのことです。外国旅行(イギリス、台湾、アメリカなど)をした経験があれば、きっと為替の取引をしたことがあると思います。銀行の窓口に行って違う国の金銭と交換をしたら、為替という事になります。為替の相場は、買おうと思っている人と売りたいと思っている人の値を表示したものです。銀行間のやり取りの末に決定されるものです。その銀行はマーケットメイカーと言われている世界中のいくつかの銀行です。為替の相場はいろいろな力を受けながら継続して変化します。為替のレートを動かす要因として、ファンダメンタルズというのが挙げられます。ファンダメンタルズの意味は経済状況、経済の土台やいろいろな要素のことを表すものです。国の経済の上昇や物価、金融緩和、国際収支統計、無就業者数、有力者の一言など複数の要因が関係して為替相場は変動して行くのです。ひときわ貿易収支や失業者数は重要です。国際収支統計は、財務省からの委任で日本銀行が貿易統計を土台として書いた他国とのある期のトレードを書き記したものです。貿易収支は行政機関や日本銀行のHP等で見られます。雇用者の統計・失業率も重要ポイントとなる場合が多い原因だと言われます。ひときわ米の就業者の統計は注目されます。月一で公表され、調査の目当てが広いところが特徴です。為替相場の動きはその国の経済の変化を示しています。その国の経済の動向を理解することで為替の相場の動向の先読みが可能であると言えるのです。