クレカを所有していると毎月加入会社から明細書が送られてきます。これらの明細書を保管しておけばどの場所でカード決済でどれだけ費やしたのか細かな内容がリスト化されているため、さかのぼってクレカを用いた履歴を見るのがとても簡単で実用的です。これ一本で使うには困難と思いますがまとめやすいカード利用の成績表みたいなものに仕上げることも簡単なため、金銭管理がもっとやりやすくなるはずです。それからこのクレカご利用明細の案内があってからだいたい2週間程度で未払い料金の送金がなされます。ということはこれらのカード利用明細書を見比べて、感覚的に疑問に思う場所もし本当に行ったこともない国があったとしたら、電話をかけて尋ねれば良いだけでしょう。万が一偽造による乱用などの異常な決済が確認された際にもクレジットカード所有者に責任がない限り通常の状況においてはクレジットカード会社がそのような異常な内容を削除してくれます。近頃ではこの価値の高いクレジットカード利用明細書をWEB上で照会できるクレカが非常に多いです。日頃からどのショップでいくら払って決済したかをチェックしておくようにして不正使用を防ぐのはもちろんのことおこづかい帳の代わりとなり家計管理などもいっぺんに可能です(専用ページでカード履歴を参照できるカードは昔の利用履歴やリボ払い適用の有無など見ることが可能です)。クレカはこのような点でも有益なツールと言えるでしょう。