大概の自動車保険会社は丁寧と告知しますが乗用車の事故に巻き込まれた際に間違いなくきちんと対応してくれるか気になります。インターネットやコールセンターで加入できるダイレクト自動車保険と言われる実店舗が整っていない会社では顔が分からないことが心細い思いになりがちです。だからといって、ダイレクト自動車保険と実際にあるお店が整っている車の保険会社の取り組みに取り立てて大きな差はないですし通販型自動車保険のほうがコストがかからない分月々の保険料が安いので自動車の事故に巻き込まれなければ掛金を安くすることができるのです。それじゃあ自動車保険の違いによって事故の対応に相違があるかと問われればあると答えます。その隔たりは店舗型の自動車保険、通販型といった違いではなく、ひとつひとつの車の保険会社に応じて事故処置をする時間や日にちが異なることが挙げられます。自動車事故はどんな時に起こるか予測できませんので事故の対応は24時間365日受付してくれるのは欠かせない条件で加えて祝祭日や夜中にその事故対応がされているかをチェックすることが必要です。保険会社によっては、1年中事故の受付という条件でも事故の対応時間が平日と休日で異なっていて切り上げられるところもあったりしますので調査しておくことを忘れてはいけません。別の話として、いざという時に備えて自動車保険の会社の対応拠点も正しくチェックしておくことも大切です。たとえ大きな会社でも拠点が近くになければ処置がすぐに行われない状況もございますので家の近くに事故処理拠点があるかを事故の対応の優劣を判断するものさしのひとつです。ある程度の自動車の保険の会社は地方ごとに事故処理拠点を保持していることが多くございますので連絡したときの対応も優れていてその場でするべき対応にもちゃんと話をしてくれると高く評価されています。