自動車損害保険には読者の皆様もご存知だと思うのですが等級という数字があります。より正確にはノンフリート等級別料率制度と呼称され、保険の掛金に多大に関係しています。等級によって、自動車の保険を利用している人のフェアな料金設定を可能な限り保つことを狙いとしているのでトラブルを起こしてしまう可能性あるいは、自動車保険を用いられる確度が大きいと見込まれるほど保険の掛け金が高くなります。アクシデントを引き起こす可能性が低く、クルマの保険を使うとはあまり考えられない被保険者に関しては、優良保険利用者だろうとみなされることで月々の掛金が低額になります。安全に自動車をりようするドライバーの方のほうが優遇される仕組みには違いないので、事故を発生させやすい運転手には多少不利な決まりだと考えられます。等級という制度は、危険度の低い利用者と事故の確度がより大きい被保険者の保険の料金が同じ金額だとアンフェアに考えてしまう方が多数を占めるためサービス提供側サイドにとっても経営上のリスクを少なくするためにどうしても欠くべからざる仕組みだといえるでしょう。では、等級というものは実際に一体どういったものか簡潔にご案内いたしましょう。まず第一に、等級というものには1等級に始まり20等級まで設定されており、数字が増えるたびに保険料が安くなるシステムになっております。また、1等級より3等級の範囲については割り引かれずむしろ値段が上がり自動車事故を起こし、自動車の損害保険を適用してしまうと3等級下がってしまい負担の大きい事故有保険料を払うことになることを避けられません。第三に、まったく新たに入る時は六等級という位置からの始まりとなり、その等級から自分の級が下がっていくのか増えていくのかは保険利用者次第です。そういうわけで、月々の掛金を安価に抑えたい人はアクシデントを生じさせないように日々安全な運転に気をつけるのがまずは最も大事です。