渡された明細レシート保持義務はあるのだろうか??解答についてまず述べると保有する必要性はあるわけではありません。

人それぞれ保有していることが個人が決済した明細を残しておきたいと考える場合には保管しておけばよいことですし、ものは無くてもよいという場合は残す必要はないと思います。

但し月に一度郵送されてくる利用明細書類との確認作業時にはこのような利用レシートは不可欠となります。

それまでは少なくとも保管しておかなければ、どこでいつどのくらいの金額を利用したのかということが不明になることだけに限らず、誤りであったり重複があるかの照合作業すら不可能になるので気をつけなければなりません。

クレジットを利用した内容についてはレシートを持っていない限りは記憶できません。

せめて使用明細書が送られてくる1ヶ月・2ヶ月までは、厳重に明細を無くさないようにしたほうがよい。

カードの明細レシート破棄のやり方:クレカのレシート処分方法は超簡単です。

他人に不正な使用をされないよう、できるだけバラバラに破って破棄するだけで大丈夫なのである簡単なシュレッダーが利用できるのであれば念には念を入れて使うのが良いでしょう。

利用を記載する明細レシートなのであるから、クレジットNo等個人情報の内容を特定されてしまうことがいっぱい記載されています。

普通の利用レシートと軽視せず慎重に行うべきでしょう。

近頃は予防のため利用レシートに番号等の個人の情報が記載されない利用レシートも出てきているようだが、油断は禁物である。